BANDAI CHANNEL
VANDREAD ヴァンドレッド
作品のみどころ
ゴンゾ・ディジメーションと言えば、3D-CGIと2Dのアニメーションを融合させた画期的作品を送り続けるプロダクション。本作では金属的な写り込みの質感を持つ巨大ロボットの宇宙戦闘シーンが、TVシリーズとは思えない高密度で展開される。そのスピード感や爽快感が、まずは見どころだ。物語は男と女に分かれてしまった人類が、新たな脅威に対して団結せざるを得ないというもの。女性だけの社会を実感させるキャラの立った美女満載で、それなりにギャグも散りばめられていて、肩が凝らずに鑑賞できる。最初は及び腰だった主人公の男ヒビキ・トカイが次第に成長を見せるのも好感が持てる。堂々たる宇宙SFの王道を感じさせる美しいビジュアルも嬉しい。【アニメ評論家 氷川竜介】
制作年:2000年 作品種別:TV
<メインスタッフ>
監督:もりたけし
チーフライター:冨岡淳広
キャラクターデザイン:黒田和也
メカニクスアドバイザー:前田真宏、山口宏
メカデザイン:宮尾佳和、海老川兼武
絵コンテ:前田真宏、千明孝一、水島精二
企画協力:飯田馬之介、樋口真嗣

<キャスト>
ヒビキ・トカイ:吉野裕行
ディータ・リーベライ:かかずゆみ
メイア・ギズボーン:折笠富美子
ジュラ・ベーシル・エルデン:浅川 悠
バート・ガルサス:関 智一
ドゥエロ・マクファイル:田坂秀樹
バーネット・オランジェロ:根谷美智子
パルフェ・バルブレア:豊口めぐみ
パイウェイ・ウンダーベルク:石毛佐和
エズラ・ヴィエーユ:大原さやか
ガスコーニュ・ラインガウ:浅野まゆみ
ブザム・A・カレッサ:沢海陽子
マグノ・ビバン:京田尚子
ピョロ:岩田光央
▲「ヴァンドレッド the second stage」はこちら▲
視聴する(500k) 「監督:もりたけしインタビュー特別映像【無料】」

登場キャラクター
メカ設定
各話紹介(全13話)
コンテンツの購入について
視聴するにはライセンスの発行が必要です。
初めてコンテンツを購入する方は必ずこちらでお客様の環境で、本サービスがご利用できるかどうかをご確認ください。
「ヴァンドレッド」は金額:105円/話(税込)、有効期間:1週間(168時間)、配信帯域 500kbpsが視聴可能です。
※視聴を希望される方は各話の[視 聴]ボタンをクリックしてください。
  初めて購入される方及び、ライセンスの有効期間(ライセンスの失効を含む)切れの場合、
  ライセンス購入ページが表示されますので購入(再購入)を行ってください。
  有効期間内のお客様の場合は、そのまま映像をご覧いただけます。
#01 ボーイ・ミーツ・ガール #02 そして僕は途方にくれる
#01 ボーイ・ミーツ・ガール タラークは男性のみで構成された国家であり、その社会は厳しい階級制度により成り立っている。労働階級である3等民のヒビキは人型戦闘機・蛮型撲撃機(蛮型)の製造工場で部品づくりに従事していたが、ある時工場の仲間達の挑発に乗って完成品の蛮型を持ち帰る約束をしてしまう。しかし、蛮型を盗み出そうと忍び込んだ艦隊旗艦イカヅチでは、ちょうど発進記念式典が開かれていた。女性のみで構成される敵国メジェールの海賊を掃討すべく、エリートである1等民の士官学校卒業生たちによる初の戦闘作戦が開始されようとしていたのだ。何も知らないヒビキはイカヅチが突然動き出したことに驚き慌てる…。 #02 そして僕は途方にくれる イカヅチの制御システム、ペークシス・プラグマから流れ出した結晶体に包み込まれてゆくヒビキたち。光の洪水の中、ヒビキは見たことのない戦闘機がビームキャノンを発射し、着弾寸前の空間魚雷『村正』を爆発させるのを目撃する。爆発により船体に傷を負ったイカヅチは、周囲の残骸を取り込んで自己修復を始め、なんとメジェール鑑と融合してしまう。そして、結晶体を浴びたメジェール人、ディータたちのドレッド機の姿もまた変化していた。結晶体は艦内を浸食してゆき、イカヅチに取り残され捕らえられたタラーク人はヒビキと、1等民のドゥエロ、バートの3人だったが、ディータは初めて遭遇した宇宙人である彼らが気になって仕方がない。
#03 これが私の生きる道 #04 もっとあなたを知りたくて
#03 これが私の生きる道 ヒビキの蛮型とディータのドレッドが合体したクリスタルの巨人、ヴァンドレッド・ディータの活躍で、突如攻撃してきた未知の敵を倒したものの、イカヅチ艦内は結晶体に大部分を覆い尽くされてしまった。しかも村正の爆発の影響でイカヅチはメジェール艦と共にワープを起こし、全く別の星域にいることが判明する。敵の正体を探るため、ディータとガスコーニュは撃破したターミナル艦に向かう。一方、全く操縦を受け付けないイカヅチを動かすため、マグノはバートに操船させてみることに決める。しかし、ナビシステム内にバートが飲み込まれた瞬間、ペークシス・プラグマが急激に活性化し、イカヅチはターミナル艦にディータたちを置いたまま猛スピードで発進してしまう。なんとかコントロールを取り戻そうと、ドゥエロ達の必死の試みが続けられる。 #04 もっとあなたを知りたくて メジェールとタラークに危機が迫っていることを知ったヒビキ達は、それぞれの母星に向けて通信ポッドを送ることにした。しかし、またしても敵襲が始まり、射出されたポッドは打ち落とされてしまう。早速戦闘に向かうドレッド部隊だったが、一足早く飛び出したヒビキの蛮型が敵機をなぎ払い、あっという間に撃破してしまっていた。自分の活躍にすっかり得意になって威張りまくり、女達に恩着せがましい態度を取るヒビキに、メイアは苛立って仕方がない。思い上がったヒビキに裏方の重要さを解らせようと、マグノはヒビキにレジ係の仕事を振り当てることにするのだが…。
#05 甘いワナ #06 What a Wonderful World
#05 甘いワナ ニル・ヴァーナと名前を変えたイカヅチの前方に、小惑星が現れる。惑星表面に熱源反応を確認したブリッジでは、敵の『刈り取り』作戦に関する情報を得ようと緊張感漂う観測を続けていた。格納庫でせっせと蛮型のメンテナンスに励むヒビキだったが、相次ぐ戦闘のせいか疲労の影は濃い。そんなヒビキに、ジュラはある計画を胸に接近する。前回の戦闘で蛮型とメイア機とが融合したヴァンドレッド・メイアの美しい姿を見て以来、ジュラはどうしても自分のドレッドを蛮型と融合させてみたくなったのだ。そして、相変わらずヒビキにかまいたくて仕方がないディータも、蛮型をカラーリングしたり料理を作ってヒビキの気を引こうとする。ふたりの思惑に振り回されるヒビキだが…。 #06 What a Wonderful World 戦闘中、味方を庇ったメイアが瀕死の重傷を負って医療室に運ばれる。ドゥエロとパイウェイによる必死の治療が続けられる中、メイアの意識は現実を離れ、思い出をたどり始める。テラフォームプロジェクトのリーダーとして活躍するオーマと科学者のファーマを持ち、幸せいっぱいの少女時代を送っていたメイアは、ファーマに対していつの間にか思い上がった感情を抱くようになっていた。そんなある日、大きな事故が起き…。あまりに苦い記憶を遡るメイアの目には、普段誰にも見せることのない涙が浮かぶのだった。 一方、リーダーであるメイアを欠いたドレッド隊とヒビキは連携を失い、激しい攻撃に翻弄されっぱなしだった。焦るヒビキはヴァンドレッド・ディータに変形して対抗しようとするが、全く歯が立たない。
#07 Easy Life #08 無理だ!
#07 Easy Life 戦闘もなく、久しぶりに穏やかな時間が流れるニル・ヴァーナ。ディータは手作りのクッションを渡そうとヒビキを探し回る。ヒビキの部屋(物置)が散らかり放題になっているのを見て掃除を思い立ったディータは自分の趣味に合わせてすっかり模様替えしてしまうのだが、勝手なことをされたヒビキは怒ってクッションを投げつけてしまう。ショックを受けたディータに、メイアは「不用意に他人の心に踏み込もうとするのはどうかと思う」と語る。自分が構い過ぎることでヒビキを疲れさせているのかもしれないと気づき、ディータはヒビキと距離を置くことに決めるのだが…。 #08 無理だ! かつては中継基地として栄えた"ミッション"内を、物資を求めて探索するヒビキ達。無人かと思われたそこにいたのは、大柄な男・ラバットと相棒のウータンだった。久しぶりに自分たち以外の男を目にしたヒビキは、救助にきてくれたのかと思って喜ぶのだが、どうやらそうではないらしい。女クルー達に武器を突きつけられながらも逃げ出したラバットを追いかけようとしたそのとき、非常アラートが鳴り響く。防衛システムが作動したミッションが戦闘モードに変形し、ニル・ヴァーナに攻撃を始めたのだった。
#09 天国より野蛮 #10 White Love
#09 天国より野蛮 表面の99%を水で覆われた惑星アンパトスでは、若者達が水上都市の上で、細々と生活していた。物資補給のためにアンパトスの周回軌道に入ったニル・ヴァーナは、惑星の反対側に敵の刈り取りマシーンを発見する。戦闘に突入するドレッド隊と蛮型だが、敵はこれまでの戦闘からニル・ヴァーナ側の手の内を読みとり、格段に動きが良くなっていた。苦戦するヒビキはとうとう敵機に挟まれて身動きが取れなくなり、アンパトスの重力に捕まってしまう。加速を付けて大気圏を落下してゆく蛮型に猛スピードで接近するのは、ジュラのドレッドだった。 #10 White Love クリスマスムードにすっかり浮き足立つニル・ヴァーナ艦内。艦長のマグノまでがサンタの扮装で盛り上がる中、クリスマスを知らず、タラークの祭りとあまりにも違う大騒ぎが理解できない男たちは戸惑うばかりだった。興味とご馳走につられ手伝いをすることに決めたヒビキたちとディータは、荷物倉庫の奥に、植民船時代の品々の詰まった小部屋を発見する。"X'MAS WITH FAMILY"と題された一本のビデオデータを見つけたディータは早速上映会を思い立つのだが、そこに映っていたのはなんと、幸せそうな男女の夫婦とその子供達だった。衝撃の映像に愕然となる一同だったが…。
#11 一緒に… #12 THEY DON'T CARE ABOUT US
#11 一緒に… 空間を移動してから数ヶ月が経ち、ニル・ヴァーナはメジェールの姿を望遠鏡で確認できる距離まで戻ってきていた。 パイウェイは、ヒビキたちが現れてから仲良しだったディータが以前のように自分を構ってくれなくなったことに、一抹の寂しさを感じていた。そんなある日、ヒビキを伴って何かの準備に勤しんでいるディータに声をかけたパイウェイは、妙によそよそしい彼女の態度に傷つく。一方、いまだに余所者扱いされることに不満を抱いていたバートは、ドゥエロのアドバイスを曲解し、女装姿でなんとか打ち解けようとするのだが、却ってクルー達の反感を買ってしまう。ヒビキに着替えを見られた女性クルーの訴えもあって女たちの間に広がり始めた不信感に火を付けたのは、パイウェイの隠し撮り映像だった。そこには泣きながら首を振るディータに向かって、何かを叫んでいるヒビキの姿が…。 #12 THEY DON'T CARE ABOUT US 大ダメージを負っていたヒビキを助けたのは、ラバットだった。ニル・ヴァーナに戻ったヒビキは、マグノに詰め寄り、自分たちで「刈り取り」と闘おうと主張する。刈り取られるのをただ黙って待つのではなく、精一杯の抵抗を試みていたセランたちの姿が、ヒビキの脳裏に強く焼き付いていた。そして、死んでゆく彼らの姿を目にしながら救うことが出来なかった自分に対して、ヒビキは激しい憤りを感じていたのだった。一方、男たちに反感を募らせていた女性クルーたちは、「男の力を借りずに戦って勝とう!」と盛り上がる。
#13 To Feel The Fire
#13 To Feel The Fire 敵の偽ヴァンドレッド3機にドレッド隊は翻弄され、怪我を負ったメイアたちは一時ニル・ヴァーナに帰艦する。しかしニル・ヴァーナもまた敵の猛攻撃によるダメージが大きく、近くのガス状惑星に逃げ込むのだった。船外圧力による圧潰が先かペークシスが限界を超えて自爆するのが先か……絶望的な状況にクルーたちが投げやりになっているなか、ヒビキはひとり戦闘作戦のシミュレートを繰り返していた。一方ディータは、ニル・ヴァーナ艦内に蔓延するあきらめムードを何とかしようとドゥエロを訪ねる。元気を出そうと懸命に訴えるディータだったが、パイウェイやバーネットの反応は冷たかった。
  Copyright BANDAI CHANNEL CO., LTD. All Rights Reserved.
©2000 もりたけし・GONZO/MEDIA FACTORY・G.D.H.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。
Unauthorized use or reproduction of materials contained in this page is strictly prohibited.
↑TOPへ戻る
制作年:2001年 作品種別:TV
<メインスタッフ>
監督:もりたけし
構成:冨岡淳広
キャラクターデザイン:黒田和也
メカニクスバイザー:前田真宏/
山口 宏
メカニックデザイン:宮尾佳和/
海老川兼武/川原智弘

<キャスト>
ヒビキ・トカイ:吉野裕行
ディータ・リーベライ:かかずゆみ
メイア・ギズボーン:折笠富美子
ジュラ・ベーシル・エルデン:浅川 悠
バート・ガルサス:関 智一
ドゥエロ・マクファイル:田坂秀樹
バーネット・オランジェロ:根谷美智子
パルフェ・バルブレア:豊口めぐみ
パイウェイ・ウンダーベルク:石毛佐和
エズラ・ヴィエーユ:大原さやか
ガスコーニュ・ラインガウ:浅野まゆみ
ブザム・A・カレッサ:沢海陽子
マグノ・ビバン:京田尚子
ピョロ:岩田光央
ミスティ・コーンウェル:有島モユ
作品のみどころ
第1シーズン13本に続く後半13本は、登場人物とテーマの掘り下げ、そして激化するバトルが注目だ。女性だらけのメインキャラクターの中でも、役どころと性格が次第につかめて来ると、好みのキャラも絞りやすくなっていく? お気楽っぽい雰囲気の中で、出産そして死と、厳粛な要素がにじみ出て来るドラマも見逃せない。全体は、全人類への「刈り取り」という絶対の危機が迫る中で、男と女が手を結んで運命に抗うという大仕掛けになっていくが、何の取り柄もないように見える等身大かそれ以下の男の子ヒビキと天然系の女の子ディータの結びつきの深まりが、その大風呂敷と気持ち良い対比を成している。CGの戦闘シーンも総力戦の大きさを得てますます美しい!【アニメ評論家 氷川竜介】
視聴する(500k) 「監督:もりたけしインタビュー特別映像【無料】」

各話紹介(全13話)
コンテンツの購入について
視聴するにはライセンスの発行が必要です。
初めてコンテンツを購入する方は必ずこちらでお客様の環境で、本サービスがご利用できるかどうかをご確認ください。
「ヴァンドレッド the second stage」は金額:105円/話(税込)、有効期間:1週間(168時間)、配信帯域 500kbpsが視聴可能です。
※視聴を希望される方は各話の[視 聴]ボタンをクリックしてください。
  初めて購入される方及び、ライセンスの有効期間(ライセンスの失効を含む)切れの場合、
  ライセンス購入ページが表示されますので購入(再購入)を行ってください。
  有効期間内のお客様の場合は、そのまま映像をご覧いただけます。
#01 Red Angel #02 Be My Baby
#01 Red Angel タラークとメジェールに刈り取りの危機が迫っていることを知ったヒビキ達ニル・ヴァーナ一行は故郷への帰還の旅を続けている。ある日救難信号を探知、宇宙空間に漂うコールドスリープカプセルを回収する。 #02 Be My Baby コールドスリープしていたのは、ミスティという14歳の少女だった。彼女は冥王星から刈り取りの危機を伝えるべく旅立ったのだと語る。早速、カプセルにあったデータを解析するパルフェ達だったが、仕掛けられていたウイルスによってニル・ヴァーナがシステムダウンしてしまう。
#03 花咲く旅路 #04 Everything
#03 花咲く旅路 航行の途中立ち寄った星には、刈り取りとは異なる目的のために意図的に病気におかされている人々が暮らしていた。その星で余命いくばくもない少女と出会い、心を通わせるバート。一方パルフェ達はペークシスの力を利用して、少しでも星を浄化させようと尽力するが、そんな中、敵の急襲を受ける。 #04 Everything 物資補給のため立ち寄ったミッションは、荒くれ共の巣窟だった。欲しい物があるなら力ずくで奪い取れと女リーダー・リズに挑発され、ブザムはリズと決闘をすることになる。ところがそのときジェル状の敵がミッション内に侵入、激しい銃撃戦となった。
#05 Somedays #06 オリジナル スマイル
#05 Somedays 敵の攻撃を受けるニル・ヴァーナ。敵キューブが集合して現れたのは、偽ニル・ヴァーナだった。いつにも増して苦戦を強いられるヒビキ達。勢いあまったバーネットは無謀な行動を制しようとするガスコーニュに対し、心無い言葉を投げてしまう。 #06 オリジナル スマイル デリ機消失を目の当たりにして呆然とするクルー達。ニル・ヴァーナは敵の激しい追撃を逃れ、ガス星雲の中に避難する。ヒビキ達は冥王星からのカプセルに搭載されていたウィルスを敵機に打ち込むため、再度出撃、敵機内部に突入するが、ピンチに陥る。
#07 頬にキスして #08 reality
#07 頬にキスして ヒビキに興味を持ち、積極的にアプローチするミスティにやきもきするディータ。そんなディータを見たジュラはヒビキとディータを部屋に閉じ込め、コミュニケーションさせようと図る。その様子を見てミスティは、ヒビキとディータの間にある「何か」を感じ、ヒビキのことはなんとも思っていないと宣言するが…。 #08 reality メイアの誕生日が近い。クルー達はメイアに内緒でサプライズ・パーティーを企画する。ピョロに言われてカルーアの面倒を見ることになるメイアだったが、乗ったポッドが誤って射出され、敵の攻撃を受ける。
#09 全部抱きしめて #10 Easy Come, Easy Go
#09 全部抱きしめて 敵の攻撃に応戦していたヒビキ達だったが、敵のビームにより、強制的にヴァンドレッドの合体を解かれ、SP蛮は飛ばされてしまう。ヒビキが気づくと、そこはテレパス達の暮らす星だった。彼らが精神修養の場にしている「祠」に向かうヒビキの心の叫びにペークシスが呼応、ヒビキは自分の幼少時代を思い出す。 #10 Easy Come, Easy Go タラークとメジェールを目前に控え、浮き足立つ一行は到着記念パーティーの用意に忙しい。バートは昔の資料を掘り出して、ブザムへの「恋文」をしたため渡すが、ブザムからはやんわり断られ、落ち込む。そんなときにタラーク軍の防衛システムにロックオンされるニルヴァーナ。認証暗号を求められ、知らせなければ攻撃を回避することができない。
#11 楽園 #12 himegoto
#11 楽園 タラーク軍に拿捕されるバートとドゥエロ。ヒビキは元々密航者なので記録がないのを逆手にとり、二人は彼をペークシスの中に隠す。一方メジェールで裁判にかけられるマグノ一家は、メジェール軍に男との共同生活が理解してもらえない。 #12 himegoto グラン・マ、グラン・パをはじめ今後のタラークとメジェールの有り方について議論を交わす八聖翁達。そこに乱入したヒビキからの呼びかけにより、監獄星から脱出したニル・ヴァーナのクルー達の前にタラークやメジェールからも賛同した人々が加勢に集まってくる。
#13 TRUST
#13 TRUST 戦闘中に敵船内ではじめて地球人と対面するヒビキ。外では圧倒的な戦力の前に激戦が繰り広げられている。地球側は赤いペークシスを使って、ワームホールを発生させ、宙域ごと消滅させようとする。スーパーヴァンドレッドで必死に阻止しようとするヒビキ達だったが、力及ばない。
  Copyright BANDAI CHANNEL CO., LTD. All Rights Reserved.
©2001 もりたけし・GONZO/ヴァンドレッド2nd製作委員会
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。
Unauthorized use or reproduction of materials contained in this page is strictly prohibited.
↑TOPへ戻る
ヴァンドレッド First Stageへ